FC2ブログ
大阪府岸和田市バレエ教室

スタッフ日記 / 発表会

木曜日は・・・

雨が多いです。
木曜日って、雨が多いように思うのは私だけ?(^^;;


そんな雨にも負けず!!o(^_^)o
今日は大人バレエクラスです~♪
足元の悪い中、レッスンにお越し下さいまして、ありがとうございますm(_ _)m

今日は4種類のフロア✖️4セットからスタート。ゆったりのワルツでお腹の意識を高めてもらいました。
そしてタオルを使い、上半身をストレッチでリラックスさせて、バーレッスンスタートです。




皆さん熱心に耳を傾け、目を向けてレッスンに全力注いでおられます。

本日、手の使い方について・・・





これは私の後向きのものですが(^^;;(たまたま撮れていたので載せてみます)
「アン・ナヴァン」というポジションです。手の第1ポジションです。
手のひらを内側に向けた両手を、肘が床を向いてしまわないように左右に張りながら、胃の前辺りで丸くする。腕で少し大きな樹木を包みこむようなイメージです。肩に注目して下さい。バレエのポジションは肩を持ち上げないことが重要です。腕を上にあげれば肩は多少上がるものですが、肩、肩甲骨、首まわり、背骨の筋肉を柔軟にしておくことで、上がらないようになっていきます。
アン・ナヴァンが上から吊られたようになるのではなく、机の上にトンと置くようなイメージで、リラックスしてポジションを取って欲しいです。



そして、




またまた私のバックショットですが(^^;;これは「ア・ラ・スゴンド」手の第2ポジションです。


アン・ナヴァンから左右に腕を開きます。手のひらは正面に向けて、腕は開きすぎず、手のひらが視界に入っているようにします。そして肘と腕全体は丸みを帯びています。

腕全体の筋肉の使い方ですが、まず、手首の辺りや、薬指を意識して外へ引っ張ると、腕の筋肉が伸びるのが実感できます。さらに上腕(二の腕)と下腕の内側の筋肉も常に意識します。
1番のポイントは肘です。肘を張ったり、肘をなめらかに動かすと美しいバレエの腕になります。肘が張っていないとバレエの腕の使い方にならないだけではなく、側体の安定も損なわれます。ボディの安定は腕のポジションにとても左右されるのです。

何だか細々と拙い文章能力で綴ってみましたが(^^;;

百聞は一見に如かず!!

バレエに?バレエの身体に?!ご興味おありでしたら、一度体験を受けにいらして下さいませo(^_^)o♡私、寒さに負けず?!腕を出してお待ちしております(笑)

バレエの手の使い方はなかなか難しいですが、習得すれば、すらっと細い腕になりますよ(=´∀`)人(´∀`=)

今日も元気で素晴らしい1日でした♪

神様に感謝m(_ _)m


熊本の皆様も。1日も早く落ち着いて暮らせる日がきますようにm(_ _)mm(_ _)m私はただただ祈る事しか出来ないですが、これ以上辛い涙を流す方が出ませんようにm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

ただただ祈っていますm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m
LOVE♡
記事一覧 プライベート 発表会のお知らせ バレエレッスン 教え子の成長
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

you-b-s

Author:you-b-s
”バレエ”は、心も体も強く美しく成長させてくれる芸術です。姿勢の美しさ、柔軟な体のしなやかさ。正しい基礎より丁寧に指導致します。バレリーナの凛と美しい姿勢を目指し、楽しくレッスンしています。心も体もリフレッシュしながら、いつまでも美しく・・・。東岸和田駅から徒歩6分ですので、岸和田はもちろん貝塚や和泉などからもレッスンに来て頂いています。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR